キャビンアテンダントの給料調査、平均年収と各航空会社の給料比較が出ていたので紹介します。

平成20年 キャビンアテンダント 平均年収は、611.6万円だそうです。

平均年収:611.6万円
平均月収:44.4万円
平均時給:3081.9円
年間賞与等:79.1万円
平均年齢:35.5歳
平均勤続年数:11.5年
復元労働者数:2,340人
総労働時間:144時間/月

上記年収統計男女比内訳 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より

過去8年間の推移過去の年収推移を見ると、平成13年から15年まで減少、平成15年から17年まで増加、平成17年から19年まで減少し、20年に増加に転じています。

主な航空会社の客室乗務員の平均年収
JAL(日本航空) 676万円
ANA(全日空)  463万円
スカイマーク    314万円
平成20年3月現在。(各社有価証券報告書より)

航空会社別の収入をみてみるとJAL(日本航空インターナショナル)が676万円、ANAが463万円となっています。一方で、スカイマークは314万円とJALの半分以下の水準です。

現状のデータではJALが待遇面一番いいように見えますが、経営再建中なので、今後は厳しいでしょうね。

表入りで詳しく説明されているので、興味のある方はこちらをご覧ください。→ キャビンアテンダントの平均年収

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None