JALの機長のなかに、「グレートキャプテン」と言われる名パイロットがいました。

いますではなく、いましたと書いたのは、今月20日のフライトで引退してしまったからです。

42年間、一度も欠勤せずに世界中を飛び回り、日航最長の飛行時間1万8530時間を記録。同社で唯一、国際65路線すべてに乗務した伝説のパイロットです。

ですが、63歳と高齢のため、人員削減のあおりで引退することが決まり、20日夜、中部国際空港(愛知県常滑市)からホノルルに向け、日本発としては最後の操縦かんを握ったそうです。

最古参の機長・小林宏之さん(63)は愛知県新城市出身。ラジオの米極東軍放送(FEN)から流れるハワイアン音楽にあこがれ、「外国に行ってみたい」と東京商船大へ進学。

しかし3年の時、日航のパイロットの募集広告を見て、一転、空の世界に飛び込んだそうです。

最も思い出深いのは、1990年の湾岸危機で邦人救出のための特別機運航を一任されたことだそうです。

「人質になった商社マンらを乗せて5回の乗務に当たったが、尾翼の鶴丸を見た男性たちが『これで日本に帰れる』と感激していたのが忘れられない」と話したそうです。

小林さんは、昨年入社したばかりの若手社員が5日前、「会社のこれまで駄目だったところはどこなのか、教えてほしい」と尋ねてきたのを見て、「日航は必ず復活する」と実感、後輩たちに思いを託したそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 日航の「グレートキャプテン」最後の操縦かん 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None