飛行中に120万円を当てた男性、その場で支払われないことに怒り当選チケットを食べてしまう

これはらばQに出ていた記事ですが、1万ユーロ(約121万円)を当選した飛行機の乗客が、すぐに支払われないと言う理由から、怒りのあまり当選カードを食べてしまったそうです。

格安の航空会社として有名なライアンエアーではスクラッチカードのサービスを2年前から行っていたそうです。

現在までに車10台、現金30万ユーロ(約3600万円)、飛行機の引き換えチケットなどがスクラッチカードの賞品として当たっているとか。

今回の事件はある男性乗客が、ポーランド発イーストミッドランド行のフライト中に1万ユーロスクラッチカードで当てたそうです。

いくらなんでも飛行機内ですぐに商品がもらえるなんてありえない話ですが、この男性はすぐに商品を欲しいと要求したようです。

ライアンエアー航空側はフライト中に支払う現金は用意しておらず、男性にスクラッチカード会社に直接連絡して身分照会などの手続きが必要だと伝えたそうです。

ですがすぐには支払われなかったことが男性の逆鱗に触れてしまったようなのです。

なんとストレスから乗務員や他の乗客の制止も聞かずに当選チケットを飲みこんでしまったそうなのです。

もちろん当選チケットがなければ換金も出来ないので、航空会社は当選金をチャリティ費用として寄付すると伝えたそうです。

一瞬のカンシャクで、120万円がパーです。後で後悔しても遅いのです。

詳細はこちらでご確認ください。→ らばQ:飛行中に120万円を当てた男性、その場で支払われないことに怒り当選チケットを食べてしまう

詳細はこちらでご確認ください。→BBC News - Angry Ryanair passenger eats his winning scratchcard

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None