経営再建中のJALは22日、航空燃料市況の上昇を受け、4月販売分から国際線航空券の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げると発表しました。

ANAは既に2月分からサーチャージを引き上げています。

4月からは両社とも同水準となります。

欧米路線は7000円から1万500円に、ハワイ・インド路線は4000円から6000円に、タイ・シンガポール・マレーシア路線は3000円から4500円に、それぞれ片道のサーチャージです。

以前ほどは高くないですが、また上昇のサーチャージ、また0円になることを期待します。

詳細はこちらでご確認ください。→国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None