会社更生法手続き中の日本航空の株式が19日、東京証券取引所で最終売買日を迎え、最後に1円で約2762万株の取引が成立しました。

たとえ1円でも2762万株の取引なら2,762万円で購入されたのです!

日航(JAL)の株は20日に上場廃止されます。その後100%減資で株券は無価値となります。

以前であれば、1円だけ買っておこうとかで株券がもらえそれを記念に持っておきことができました。

ですが今は、電子化により、記念の株券を受け取れるわけではなく、何もなくなってしまうのです。

ではなぜ日航(JAL)の株を、誰が何の目的の買っているのか?

市場関係者も首をかしげているそうです。

この最終日の取引は、これまでのマネーゲームで売り抜けられず、少しでも換金したいという投資家から1円で約2億4000万株の売り注文が出されていました。

これに対し、1円での買い注文が約2,700万株もあったのです。

市場関係者は、買いの意図について、「信用取引による買い戻しなどはすでにほとんど消化されている。確実に損になる株を買う意味がわかならい」とのことです。

別の関係者は「最後にもしかしら2円に値上がりするかもと、マネーゲームの最後の残党が買い注文を出していたのでは」と解説したそうです。

ライブドアの時は上場廃止でも株は残ったのですが、今回は100%減資なので、なのも残らないのです。

この2,762万円はやり謎です。

詳細はこちらでご確認ください。→ 日航株最終売買、1円で取引成立 2762万株、誰がなぜ買う? 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None