成田空港に7日到着したデルタ航空59便の主脚格納庫から遺体で見つかった黒人男性の死因は、酸素欠乏による窒息死の疑いが強いと、司法解剖した成田国際空港署が発表しました。

今日、留守録していたハッピーフライト見ていたのですが主脚格納庫では気温もマイナスになるでしょうし、当然酸欠に。

しかも国際線なので、シートに座っていてもつかれてしまいます。

発表によると、男性は10歳代後半から20歳代半ばくらいだそうです。

所持していた携帯電話などから、同署は男性の身元や格納庫に入り込んだ動機を調べているとのこと。

詳細はこちらでご確認ください。→ デルタ機の黒人男性、死因は酸欠による窒息死? 

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None