このまま行くと今に現金はなくなるのでは?と思うくらい電子マネーは近年急速に普及しています。

それと同時に企業通貨といわれる「ポイント」も拡大しています。

私も数日前、ララガーデンのポイントカードを作りました。

100円の回もので1円もらえるのですが、それとは別に各ショップでも独自のポイントが有り、支払いカードなのでカードのポイントも有り、ララガーデンでの買い物はポイント3重です。

そんな感じで近年急速に普及している「ポイント」ですが、今後さらに普及するには、いくつか解決しなければならい壁が存在するようです。

家電量販店やネットストア、航空会社のマイル、そしてクレジットカードなど、ここ数年でポイントは消費者の生活に深く根ざしたものになっています。

しかしポイントが今後さらに普及するには、いくつか解決しなければならい壁が存在するそうです。

その1つが消費者に芽生え始めている「ポイント不信」だそうです。

硬貨や紙幣など実際のお金のようにポイントを貯めても、発行する企業が破綻してしまうと一夜にしてポイントの価値がゼロになってしまうこともありえるからです。

日本航空(JAL)が経営破綻した際は、「JALマイレージポイントはどうなるのか」と心配し、マイルを商品に交換する方が続出しました。

これまでコツコツ貯めてきたマイレージが無効になったら、大きな損失となってしまうからです。

結果的には、顧客維持のためにマイレージは保護されることになり、ひと安心でしたが。

ですが、電量販店「さくらや」は15店全店を2月末までに閉鎖すると発表。

同社が閉店の知らせのなかで、「これまでお貯め頂いたポイント、ならびにさくらやギフト券は、お早めにご利用くださるようお願いいたします」と告知したため、翌日から同店の店頭には、ポイントが無効になってしまうのを危惧した客が、ポイント消化を目的に相次いで来店したそうです。

家電量販店のポイントは、マイル以上に大きく基本10%のポイントがもらえるので、20万円の液晶テレビ購入なら2万円のポイントです。

それが消えてしまったら大損害ですね。

このポイントで1番困るのが、ポイントカードは無料で登録でき、登録しないと損をしてしまうので、あれもこれも作ると、20枚位はすぐにいってしまいます。

どのカードを使えばたくさんポイントがついてお得なのか考えるのも面倒に。

財布はカードでパンパン。

ポイントカードを発行する企業からは毎日のようにキャンペーン情報がメールで。

さらに有効期限もあり管理不能になってしま方が多いそうです。

私はポイ探に登録しているので、ポイントの有効期限が迫っているのをポイ探を実て、慌てて交換したことがあるというかいつもポイ探だよりです。

このようなサイトに登録していればまだ管理できるのですが20枚以上のポイントカードの状況を把握するのは難しいですね。

有効期限や情報だけでなく全てのポイント、マイルを一括まとめてくれるサーびるが出来るのがりそうですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 電子マネーともにポイント急速普及 一方でユーザーに疲労感や不信感も

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 タグ
None