会社更生法による再建手続き中の日本航空(JAL)の西松遙前社長(62)が1日付で系列の日航財団の理事長に就任したそうです。

無報酬で文化交流事業などを主導し、国内外で日航のイメージアップに取り組むそうです。

普通なら天降って高額報酬をもらうのに、無報酬!社長時代も電車通勤とか社員食堂での食事、低報酬で世界的に話題になっていました。

西松氏が理事長として行く日航財団は日航本社からの寄付金20億円を基に1990年に発足。

文化交流や環境保護、観光促進などの事業を展開しているそうです。

今回の経営破綻は西松遙前社長の責任ではなくそれ以前の問題だったと思います。

詳細はこちらでご確認ください。→ 日航前社長、系列財団理事長に=無報酬で文化事業主導

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None