東日本大震災で仙台空港が津波にのみ込まれたことは記憶に新しいですが、「羽田空港は仙台空港よりも危険」という研究が英国で発表されました。

研究は、ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)博士課程で地理を専攻するマット・オーウェン氏が再保険会社のJLT Reのために行い、2011年7月11日、ロンドンでその内容が発表されたのです。

太平洋岸がもっとも津波のリスクが高いのです。

昨年10年秋にD滑走路がオープンしたばかりですが津波への警戒が求められているのです。

研究では、米海洋大気圏局(NOAA)のデータベースを活用。

世界中で起きた津波の数と大きさ、その原因となった地震の頻度などを調べたそうです。

その結果、さまざまな沿岸地域での津波のリスクを比べることが可能になり、その中で、太平洋岸がもっとも津波のリスクが高いことが分かったということです。

その上で、空港がある10の沿岸地域について、(1)記録が残っている限りで、その地域が受けてきた津波被害の大きさ(2)津波発生の頻度、の2つの項目について1~5の点数で評価。

その結果、羽田空港が両方の項目で最悪の5と判定されました。

実際に津波にのみ込まれて民間路線が復旧するまでに1か月かかった仙台空港は両方とも4で、中部国際空港は頻度が4、被害の大きさは5だと判定されました。

また、ハワイのホノルル空港は逆で、頻度が5、被害の大きさが4だとされています。

羽田空港のD滑走路も、東日本大震災後に造られたら、たぶん今と違うものになったでしょうね。

» 記事の続きを読む

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None