ANAは本日16日、燃料費の値上がりに応じて国際航空運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(サーチャージ)の4~6月分の改定料金を発表しました。

現行の料金水準を変更し、現行より8~9割安くするとのことです。

以前より情報を調べ、紹介してきましたが、今日の正式発表で、ハワイ往復昨年の44,000円から今の29,000円に、そしてこの4月からは本来片道3,000円になるはずでしたが2,000円、往復で4,000円と発表されました。

欧米線でも現行の片道2万2000円から3500円に、アジア方面では香港・台湾・中国線が6000円から500円に、韓国線が2500円から200円へ値下になります。

ANAが先に決定したので、JALも同様に値下げするでしょう。

うれしいニュースの紹介でした。 

詳細は、ANAのプレスリリースでご確認ください。→国際線旅客「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定を申請

■ランキングに参加しているので、よろしくお願いします。

blogwith2.gif にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram