民主政権になると、いよいよJALが解体されるのではと噂になっているようです。

なんといっても日本航空(JAL)は正念場を迎えています。
2009年4~6月期に過去最悪の990億円もの最終赤字を計上しています。

自民党に加え、国土交通省や財務省との太いパイプで銀行団から支援を引き出し何とか延命してきたようですが、民主党政権が誕生すればそれらもできなくなります。

そのことから、銀行団や政府内でかねてからくすぶるJAL解体による全日本空輸(ANA)との統合説が再燃しているようです。

以前週刊誌で噂になっていた社名も問題になっているようです。『JANA』(じゃーな)は、別れのあいさつ!『ANAL』(アナル)は、危ない言葉に聞こえてしまいます。

しかし、新しい社名を真剣に検討せざるを得なくなる可能性も否定できなくなってきたそうです。

詳細は、こちらでご確認ください。→ 民主政権でJAL解体? ANAとの合併説も再燃

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ