国際民間航空機関(ICAO)は、旅客機でのリチウムイオン電池の貨物室への預け入れを4月1日から禁止すると発表しました。

これは安全対策のためで、発火事故の恐れを懸念した航空会社やパイロットからの要望によるものです。

今回の発表は、貨物として預け入れるリチウム電池が対象で、乗客や乗務員が手荷物として機内に持ち込むリチウムイオン電池は対象外なので、従来通りパソコン、携帯電話、デジタルカメラの持ち込みは可能です。

現時点では、2018年をめどに新たな輸送規格を策定するまでの暫定処置とのことです。

旅客機でのリチウムイオン電池の預け入れが4月1日から禁止に!

ANAが定める手荷物の取り扱いを見てみると、すでにリチウム電池持ち込みに関する個別ルールが書かれていました。

» 記事の続きを読む

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram