JALは、2006年12月3日発のロンドン-大阪便で、フライト中に機長がCAを操縦席に座らせ、写真撮影をし大問題になっています。

この時は、機長がCAとの写真をネットで公開し、問題発覚。

JALは、社員の軽率な行動について、会社としても大変遺憾に思い、深く反省しております。誠に申し訳ありません。と謝罪をしています。

ところが今月7日、新千歳-伊丹便の機内で、同様の行為が行われたのです。

2006年の時に大問題になったのですから、普通に考えれば写真撮影をしても口外しないはずです。

所が、又も不適切な行為があったとして、国土交通省航空局から厳重注意を受けたのです。

JALの機長がコックピットでCAと不適切行為で厳重注意!2006年にも同様の行為が! 

今回も、JALの副操縦士がトイレで離席した際に、操縦室内の機長が代わりに入室したCAを副操縦士の操縦席に着座させ、一緒に自らのスマートフォンで撮影。

この行為が国土交通省に伝わり、JALが厳重注意されたのです。

» 記事の続きを読む

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ