格安航空会社のタグ記事一覧

ANAマイル・JALマイル、マイレージ貯めて特典航空券獲得へ!陸だけで効率よくマイル を稼ぐ方法や、クレジットカード・ポイントを利用した裏技、お得な航空券情報などを紹介しています。


LCCおすすめランキングが発表に!気になる1位は?

LCC(格安航空会社)のおすすめランキングが発表されました。


これは、DeNAトラベルが3月13日に発表した「LCC(ローコストキャリア)利用動向」の調査結果です。

調査期間は3月5日~8日で、有効回答は17歳~89歳のDeNAトラベル会員3,089人です。

LCCおすすめランキングが発表に!気になる1位は

その結果を見ると、LCCを利用したことが、「ある」と答えた方は76.5%で、利用した感想は「満足」が24.4%、「まあまあ満足」が57.2%と、約8割以上が満足と答えています。

LCCを利用する一番のメリットはとの質問に対しては、なんと86.2%の方が「運賃が安い」を選んでいます。

LCCを利用する上でのデメリットに対しては、「席が狭い」が1位で22.0%、「遅延や欠航が多い」が20.1%、「荷物の制限重量やサイズが小さい」が17.1%でした。

LCC人気ランキング

おすすめのLCCはどこですか?との質問で、1位になったのは「ジェットスター」31.7%で、最低価格保証がある事や、遅延や欠航が少ないなどが理由です。

2位は「ピーチアビエーション」28.1%、3位は「バニラエア」21.8%、4位は「チェジュ航空」13.6%、5位は「スクート」8.6%でした。

ANA系列の「ピーチアビエーション」が一番人気かと思っていたら、予想外の結果。

詳細ははプレスリリースでご確認ください。→ DeNAトラベルが、「LCC利用動向」調査を実施 LCC利用経験者は76.5%、「満足」「まあまあ満足」は8割超え

こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ

格安航空会社のスクートは、1,000,000円分の賞品が当たるゲーム「スクート787 1分間チャレンジ」を開催!

シンガポールのLCC(格安航空会社)スクートは、総額1,000,000円分の賞品が当たるゲーム「スクート787 1分間チャレンジ」を開催しています。


このキャンペーンは、2016年7月12日(火)から始まった、「スクート787 1分間チャレンジ」です。

期間中、同社ウェブサイトで動画を閲覧し、クイズに答え応募すると、1日20万円相当、総額100万円相当の素敵な景品が抽選でプレゼントされます。

格安航空会社のスクートは、1,000,000円分の賞品が当たるゲーム「スクート787 1分間チャレンジ」を開催!

さらに、毎日ゲームに参加するれば、最終日に使えるお得なセールコード少しずつ明かされていきます。

これを書いているのは、12日の23時なのですが、詳細ページは見れません。

2016年7月12日(火)からスタートとなっているので、時差を考えても見れるはずなのですが?

詳細はこちらでご確認ください。→ 1,000,000円分の賞品が当たるゲーム「スクート787 1分間チャレンジ」

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


日本〜ホノルル線にLCC(格安航空会社)が初就航!エアアジアXの認可が来月にも!

LCC(格安航空会社)が増えていますが、今だホノルル路線に就航している航空会社はありません。

格安でハワイに行けるとなれば、大人気になりますよね。

そんな中ついに、エアアジアXがホノルル路線に就航するとのニュースです。

エアアジアXがアメリカ運輸省申請している、クアラルンプール〜大阪/関西〜ホノルル線の就航が2月にも認可される見通しとのことで、ウォール・ストリート・ジャーナルのニュースです。

認可がおりたら、数週間以内に航空券の販売を開始し、4月下旬に就航予定とのことです。

日本~ホノルル線初のLCC(格安航空会社)就航!エアアジアXの認可が来月にも!

残念ながら、東京(羽田・成田)ではなく大阪(関西)です。

» 記事の続きを読む

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


Copyright © ANA・JALマイル☆マイルUP! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます