ANA・JALマイル☆マイルUP!

ANAマイル・JALマイル、マイレージ貯めて特典航空券獲得へ!陸だけで効率よくマイル を稼ぐ方法や、クレジットカード・ポイントを利用した裏技、お得な航空券情報などを紹介しています。


富士急ハイランドが営業を再開、限定再開なので東京などに住んでいる方は入場できません!

富士急行は、富士急ハイランドの営業を、5月23日から段階的に再開。


5月24日現在、入園出来るのは、山梨県、長野県、新潟県、静岡県在住の方限定です。

東日本遊園地協会や西日本遊園地協会が、政府指針とコロナ感染症専門家会議の指導のもとで策定した「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を山梨県に提出し、営業が再開されました。

富士急ハイランドが営業を再開、限定再開なので東京などに住んでいる方は入場できません!

入場人員の制限や営業時間の短縮や、来場可能地域の制限、マスク着用義務、チケットの事前購入「オンライン顔登録フリーパス」やキャッシュレス決済アトラクション利用前後の手指消毒の推奨、アトラクションの営業制限などを行っての営業再開です。

営業時間は午前10時から午後5時までで、「FUJIYAMA」や「高飛車」を含む屋外アトラクション、一部の飲食・売店施設のみの営業で、入園料は無料です。

過去何度か富士急ハイランドに行ったことがありますが、「FUJIYAMA」や「高飛車」などの人気アトラクションは、1~2時間待ちが当たり前。

これが待ち時間なしで乗れるようになるかと思えるので、この営業再開は気になります。

今回の再開は、緊急事態宣言が解除された近隣の県在住の方限定。

5月25日に、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が継続する東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道について、解除の可否が判断されます。

5都道県が解除となれば、約一ヶ月月半続いた緊急事態宣言が全面解除。

制限がなくなれば、人気アトラクションは、1~2時間待ちに戻ってしまいます。

いま、富士急ハイランドに行ける方は羨ましいですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 富士急ハイランド 営業再開のお知らせ

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


 カテゴリ

ANAは、物流ドローンの共同開発を発表、アバターの次はドローンです!

  •  投稿日:2020-05-24
  •  カテゴリ:ANA情報

ANAホールディングスは、エアロネクストと物流ドローンの共同開発に向けた業務提携を発表しました。


ANAホールディングスの機体運航に関する知見と、エアロネクストの産業用ドローンの基本性能を向上させる機体構造設計技術を融合し、「空の産業革命 レベル4」(有人地帯での補助者なし目視外飛行)に対応する物流ドローンの共同開発に向けた業務提携です。

今後は両社によって開発した機体をベースに、国内外のドローンメーカーとも連携して量産化を行い、将来的な輸送インフラの一部として社会普及することを目指します。

ANAホールディングスは、ドローンオペレーターとして、福岡市や五島市で無人地帯での補助者なし目視外飛行による実証実験を行うなど、ドローン物流サービスの事業化に向けた検証を継続して実施します。

ANAは、物流ドローンの共同開発を発表、アバターの次はドローンです!

主要な用途や基本的な機体性能、また機体整備や運航管理にあたって必要な機能などについて、オペレーターとしての視点から知見を提供。

エアロネクストは、「ドローン前提社会の実現」と「新しい空域の経済化」を目指し、物流用途のドローン開発を進めていた企業で、2020年度内に共同開発した物流ドローンによる実証実験を開始し、2022年度の「空の産業革命 レベル4」解禁に向けて量産化するとの事。

ドローン物流サービスが、さまざまな地域課題の解決する新たなインフラとして、社会実装することを目指しています。

ANAは、アバターの話題が多く新会社を設立したりしていましたが、次はドローンなのですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 物流ドローンの共同開発に向け業務提携

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


 カテゴリ
 タグ
ANA 
Copyright © ANA・JALマイル☆マイルUP! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます